私が気になった体験談

足の臭いについての体験談を述べますと、幾つかあります。

 

1つは、水虫にかかっててんやわんやしたときの事です。
一般的に水虫は夏に症状が出る事が多いですが私の場合は1年中、足の指の間がそのような症状で痒くて困っているのが現状です。

 

医者にはあまり行きませんが、薬局で「ピロエース」を購入して使用し様子を見た事はあります。
使用後はすっきりしますが、時間が経てばやはり痒くなってきますね。

 

皮膚科に「魚の目」で受診したときも、水虫の件は大したことはないとあまり見てもらえませんでした。
痒くてかくと、嫌なにおい「みずみずしい臭い」がしてとても嫌ですね。

 

湯船につかったり、シャワー時等は指先に熱湯を当てると一層痒くなりますが、その後はしばらく治まります。
とにかく、痒くてかいた後は当分臭いです。

 

もう一つは、私用車を運転した後にやはり足の付け根あたりが臭いますね。
ガソリンか排ガスが薄まったようなにおいが靴下を脱ぐとします。
臭いはお風呂時につま先から膝にかけて重点的に石鹸で洗うと消えますが、十分に洗わないとやはり残ります。
湯だけでは取れにくいようです。
対策としては、上記の他に、靴の底に「インソール」をはめ込んで臭いを軽減したり「消臭・除菌剤」を靴や靴下に振りかけるとましになるかと思います。

 

 

私が実行している足の臭い対策

私は足の臭いは以前は大変気になっていました。
特に仕事の靴が通気性の悪い安全靴を履いているので、更衣室で着替えをしているときは、靴の中の臭いと靴下の臭いが更衣室に充満して匂ってしまうほどでした。

 

最初は匂い消しスプレーなどでごまかしていましたが、これは一時的なものでした。
特に仕事帰りに飲み会などがある場合は、スプレーを靴の中にかけ、靴下を履き替えてから参加する始末でした。
私の同僚も同じことをしていたので、最初はこの臭いは履いている靴が蒸れているからだろう。と靴のせいにしていました。

 

でも仕事以外でもやはり臭いが気になることが多いため、いろいろインターネットで調べて臭い対策をするようになりました。
まずはじめにしたことは、安全靴と通勤靴の中敷きに活性炭を使用したものを使用し始めました。靴を使用したあとは中敷きを少し浮かせて外に出してあげ中敷きも乾かしてあげるのがコツです。

 

次にやったことは招集タイプの靴下を履くことにしました。
この二つを実施することでほぼ臭いは気にならなくなりました。
これらは物で臭いを消すやり方です。

 

足自体にも問題があるかもしれないと思い、足のケアもするようにしました。
これは簡単で、まず、こまめに足の爪を切ること。もう一つは足の指の間や足の裏を良く洗うことにしました。これはごしごしやるのではなく、石鹸を泡立ててマッサージするように洗ってあげます。
これらの方法で今では足のにおいは気にならなくなりました。