飲み会の席で靴を脱ぐお座敷の時は要注意です

それまではそこまで自分の足のにおいを気にしたことはありませんでしたが、ある機会を期に気にしないとだめだということに気が付きました。その出来事というのが会社の飲み会でした。入社しから数年たったころの送別会の時でした。会社でもかなり上の役職にある方が退職するという事もあって、当日は料亭のお座敷で歓送迎会が行われました。

 

その方の都合もあり、4月の後半に送別会が行われたのですが、当日は作業系の仕事も多く、もうそろそろ暑くなりはじめの時期でもあったので、かなり汗ばみながら仕事をするような日でもありました。送別会は仕事後に行われたので、職場から直行したのですが、お座敷という事もあり、靴を脱ぐことになります。

 

会場につき、靴を脱いでしばらくしてちょっと嫌なにおいが鼻につき、すぐに自分の足のにおいだと気が付きましたが、かなり大人数いたこともあり、なんとかその場はさまざまなにおいに紛れたのか、冷や汗をかきながらもなんとか送別会を乗り切ることができました。それ以来、飲み会があるときは必ず仕事後に靴下を替えるようにしていますし、万が一急な飲み会になり、もしかしてお座敷で靴を脱ぐことになるかもしれないので、車の中に替えの靴下を常に1足入れておくようになりました。

 

靴下を替えるだけでも臭いはずいぶん違いますし、なにより気分的に飲んでいても安心して飲むことができます。足のにおいが気になる方はもしもの時のために靴下の替えを常備することをおすすめします。

 

 

足の臭いというのは意外と解消できます

足はとっても臭くなりやすいことになりますが、原因はそんなに難しいという話ではなく基本的に汗と菌が問題になります。足は汗が沢山出る場所ですし、特に靴下などを履いているということになりますとどうしても通気性が恐ろしく悪いということになりますので、それが原因で汗が臭くなっていると考えることでしょう。ある意味でそれは間違いないことではあるのですが実は汗は、ほとんと無臭となっています。どうして臭くなるのかといえば足の表面にいる菌です。

 

その菌が汗を分解することによって強烈な臭いを発揮しているということになりますのでそこから改善しようとするということは実に大事なことになるので覚えておいた方が良いでしょう。菌は繁殖する際の老廃物として臭いを強烈に出すということがありますから、そこから改善することでしょう。要するにしっかりと洗うことです。消毒用の石鹸などでしっかりとを毎日足を洗うようにしていますとかなり足の匂いというのは改善できるようになっています。

 

そうすることによって、安心して靴を脱ぐことができるようになることでしょう。汗を栄養にして菌が繁殖する、ということが足の臭いの原因であるということを認識しておいてその対策をいろいろとやってみるということが改善するためにはとても重要になります。